News

正心調息法のやり方

正心調息法とは、健康と長寿、幸福を実現する健康法です。

 

人の心にはそれぞれの波長があり、その波長に合ったことが起こります。


 

愚痴をこぼす人には愚痴の種がついて回るし、感謝を忘れず物事を前向きに考える人には不可能も可能になります。正心が大切です。

 

正心

正しい心の使い方です。

これは呼吸法を行う際にはもとより、生活全般で実行します。

物事をすべて前向きにとらえる。

感謝を忘れない。

愚痴をこぼさない。

 

姿勢

背筋をまっすぐに伸ばして座ります。正座、あぐら、椅子座のいずれでも結構です。

利き手を上に、両手のひらで丸いボールを優しく包むように組みます。

 

おにぎりを作るような手つきです。これを鈴の印と言います。

 

息法(呼吸法)

①吸息(きゅうそく)

鼻から静かに息を吸い込みます。胸一杯に肺底まで吸います。

②充息(じゅうそく)

吸い込んだ息を下腹(丹田)に押し込みます。

その際に肛門をギュとしめて丹田に力を込め、息を止めたまま数秒ないし十秒位はこらえます。

 

全身に宇宙のエネルギーが満ち渡るイメージを持ちましょう。

「丹田に宇宙の無限の力が収められた」と想念します。

③吐息(とそく)

肛門の力を緩めて、鼻から静かに息を吐き出しながら、腹の力を静かに抜いて、腹をへこませます。

「全身がまったく健康になった。○○病が治った!」「全身がきれいになった。

全身の細胞が若返った」「全身の細胞が健康になった」などと想念します。

科学信仰者には頭から否定されそうですが、先生は自分の身体ですべて実証済みと泰然としておられます。

 

自分の老化現象や前立腺肥大症、白内障等の病気を治した経緯は自著に詳しく記されています。

○○病は治ったのところは、○○病は治った!治った!治った!というように、ありったけの想念を強く送り込むと効果が高くなります。


④小息(しょうそく)

小さな息を1回します。

⑤静息(せいそく)

最後に丹田に軽く力を込めたまま、静かに10回普通の呼吸をします。

皆さんも是非実行してみてください。

 

毎日毎日、そして長く続けることが大切です。



 

原因不明の痛みや不調は身体のゆがみが原因かもしれません・・・

整体はこのゆがみや身体のバランスを整え、健康な状態に近づけることを目的に行います。

一緒に直していきましょう!

 

ではっまたっ!

Access

肩こり腰痛といった辛い症状の改善を図る出張型の整体サービスをお届けします

概要

店舗名 出張専門整体院 みどりの杜
住所 広島県庄原市東本町2-15-19
※出張訪問専門の整体院です。ご来院はできませんのでご了承ください。
電話番号 080-5237-6291
営業時間 月曜日~金曜日 7:00~20:00
土曜・日曜・祝日 8:00~18:00
定休日 不定休
対応エリア 庄原市と三次市を中心に近隣地域

アクセス

地域密着の出張型整体サービスをご提供しており、庄原や三次エリアにお住まいの皆様のご自宅までお伺いいたします。体の痛みや痺れなどでお困りの方がお悩みを気軽に相談できるようアットホームな雰囲気づくりにも努めております。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事